急性期の腰痛に

炎症の起こっている組織の負荷を軽減しサポートしてくれるグッズ

腰痛ベルト、腰痛バンド、腰仙椎コルセット

ほとんどは、腰痛の急性期に使用されます。炎症の起こっている組織に負荷がかからないようにサポートします。また、慢性期のベルト、バンド使用では、作業・動作時の腰痛を予防するという意味で使用されます。腰痛持ちの方や仕事上、腰への負担が大きい方は日頃からベルトで腰のサポートと予防を行なうこともあります。

注意しなければいけないのは、バンドを巻くだけで治るというわけではないことです。あくまでサポートをして、傷の治りを少しでも早くするためのものです。

痛みが強く、体を動かさずともじんじんと感じるような場合

まず腰の筋肉を冷やして痛みを緩和させることが大切です。体を動かすことが非常に困難なときに、大きく体を動かしてうつぶせやしゃがみこみをすると、自分ひとりでは起きあがれなくなってしまうこともあります。体を軽く曲げて座って、筋肉の一時的な緊張が収まるまでじっとしていましょう。冷やしているうちに筋肉の緊張が少し和らぎ、神経のリラックスも同時に行なわれるので、だんだんと腰の強い痛みが治まってきます。

産後の骨盤安定のためのベルトもあります

出産のために骨盤が十分に動くことが出来るよう靭帯を緩めるホルモンが放出されます。ホルモンの作用によってだんだんと骨盤はゆるくなり、出産に備えて準備をし始めます。出産という大きな負荷によって骨盤が一度開きますが、その後3ヶ月間にわたってホルモンは放出されなくなります。そうして、骨盤のゆるさは出産前の状態に戻っていきます。骨盤安定のベルトはこの間の補助です。

いつまでベルトは必要?

数カ月たって固定されてきたら、それ以後の骨盤ベルトは必要ありません。美容のために巻く方もいるとは思いますが、ベルトやバンドは固定サポートでしかありません。産後の不安定な状態が元に戻るまでの間、サポートをつけて骨盤をいかに良い状態に保つか、が大切です。

腰仙椎コルセット

また、腰椎ベルトよりもう少し大きい腰仙椎コルセットというのもあります。腰椎の前弯過剰を減少させる目的で、弱化している腹筋を増強し、前屈後屈を制限する役割をもっています。腹部側のベルトをしっかり締めることによって、腹筋の代わりにお腹側からの押し上げる力を強めます。腰椎~仙椎までの大きいものであれば腰をすっぽり覆うことが出来るので前弯が強くなるのを防ぐことが出来ます。これは腰椎すべり症などの場合に使用されます。