休息の時間こそ腰痛ケアを

マットレスとクッションのすすめと使い方

マットレス

ベッドや布団に横になったときに違和感があれば、マットレスの購入や交換によって改善が見込めるかもしれません。背中が痛む、腰が重い、寝返りが打ちにくい、夜中に目が覚める、睡眠時間は変わらないのに以前ほど疲れが取れない、など当てはまる項目があれば、一度ベッドや布団を見直してみましょう。

マットレスの特徴

ベッドや布団は、使用していくうちに経年変化をおこします。ローテーションさせることで、負荷のかかる場所をある程度変えられます。しかし、腰の部分が沈みこんで戻ってこないような状態になると、寝返りが打ちにくく、腰痛の原因になることもあります。布団の打ち直しや、ベッドのスプリング修理で対応できるかもしれませんが、手間を考えるとマットレスの購入は手っ取り早い選択肢の一つです。

マットレスの選び方

スプリング、低反発、高反発、等のタイプがあります。硬さ(柔らかさ)も様々です。では、どれを選べばよいのでしょうか。

仰向けで寝る場合は、背中や、腰~お尻がどの程度沈みこむか、また横向きで寝る場合は、肩や、腰~お尻の沈みこみ具合が、ポイントになってきます。リラックスできて、背骨が自然なカーブを保持していることが重要です。また、寝返りの打ちやすさもチェックポイントです。寝返りが打てないと、血行不良になるからです。

実際に体験して選びましょう

選ぶ際は、実際に店舗で横になってみることです。体重や体型は、個人差が大きいため、硬め、柔らかめ、といっても沈み方が違ってきます。また背中が当たったときに、痛みを感じるようではリラックスできません。値段が高いものほど、素材は良くなっていきます。しかし、それが合うかどうかは別問題です。値段は、耐久性や湿気のこもり具合に関わる程度(結構、重要ですが)と考え、寝心地で選ぶことが重要になってきます。

マットレス使用の注意点

最後に忘れてはならない重要な点があります。ベッドや布団が変形してしまっている上にマットレスを重ねて使用しても、それまでと同様に沈みこんでしまうことが考えられます。その場合、変形しているところに堅い板を敷くなどの工夫が必要です。

クッション

腰痛に良いクッションというのはどんなものでしょうか。どんな材質、形のものでも特別に違いはありませんが、使い方によっては腰痛のサポートになったり、予防の手助けになったりします。

クッションのメリット

主に、座り姿勢と寝る姿勢のサポート、腰痛予防が出来ます。また、急性期の強い腰痛があるときにも上手く使うことで役立ちます。座るときには、このように背もたれと背中の間にいれると効果的です。これは、極端に腰が後に反ることを予防し、軽く体を預けることで骨盤や腰に負担の少ない座り方を維持できるようになります。長時間のデスクワークなど、長い時間座っていなければならない場合には入れておいた方が楽です。

つらい時のクッションの使い方

急性期には、腰が反ることで傷ついた組織が悪化することが多いです。仰向けで休むときには股関節と膝関節をできるだけ曲げた状態を維持すると腰が楽になります。その際、膝の下に折りたたんだクッションを入れてあげると、力を抜くことが出来ます。仰向けがつらい場合にも、股関節と膝関節を曲げたまま横向き姿勢で寝ると痛みが和らぎます。その際は両膝の間にクッションを挟んであげることで、腰~足に余裕が作れます。